外為ジャパンの特徴

外為ジャパンでデモトレードは可能?

外為ジャパンで口座開設前に他のアプリでトレーニング!

外為ジャパンはDMM.com証券が運営するFX会社ですが、デモトレードには対応していません。

そのため、初めて外為ジャパンでFXを行う場合には、他のFX会社ででも取引を行う必要があります。
口座開設を行うだけであれば、デモトレードなどを行わなくてもできるので、口座開設だけ先に行っておくことも選択肢の一つです。口座開設を行い取引をしなくても費用などは掛からないので、損失もないので安心できます。

デモトレードをして慣れてから実際に取引を行うことが最適ですが、後から口座開設をするとその分時間をロスしてしまうことになります。

デモトレードになれて注文するのにちょうどいいタイミングでも、本番用の口座なければいいタイミングを逃してしまいます。
FXを行うに際して、タイミングはとても重要なものです。一瞬の判断が利益か損失かを分けてしまうので、用意は周到に行っておくことが大切です。

口座開設を行って入金だけしておけば、アプリなどを開けばすぐに取引を行うことができます。

デモトレードをしている間にも、そのような準備を行っておけば、実際の取引を行う際に効率的に動くことができます。

外為ジャパン以外でデモ取引をしてから臨もう

外為ジャパンではデモトレードを行っていないので、他の会社のデモトレードでなれることが大切です。

その際にまず利用したいものが、DMMFXのデモ取引です。外為ジャパンはDMM.com証券が運営するFX会社であるので、操作性も近いものがあります。
外為ジャパン以外でも、デモが行えない場合は利用するFX会社に関連したところにデモがあるのか確認することが大切です。

デモ取引をする際に重要なことが、証拠金やツールなどの見方や使い方です。通貨ペアによって証拠金は違ってくるので、どのくらい証拠金が違うのか確認しておきましょう。

また、注文する際にのツールも重要です。基本的な注文の仕方である成り行き注文やクイック注文、指値や逆指値注文にOCO注文など基本的な注文の仕方は覚えておきましょう。
FX会社によっては独自の注文ツールがあるので、まずは基本を覚えることが大切です。チャートもテクニカルチャートの見方などを覚えたりすることで、うまく取引を行うことができるようになります。

FXは金融であり、必ずしも利益が出るわけではありません。そのため、いかにうまく損失を避けて利益を出すかが重要です。

外為ジャパンアプリの使い方

取引をスマホで

外為ジャパンアプリをスマートフォンで使うには、まずダウンロードしなければいけません。

ダウンロードはAndroidやiphoneのアプリのストアから行えるので、インストールしておくことが前提となります。アプリをダウンロードするのに手数料などはかからないので、気軽にダウンロードすることができます。
使い方としては、チャートを見たり注文をしたりと、基本的な操作を行うことができます。

その際に注意しなければいけないことが、パソコン版の機能よりも劣っている部分がある点です。
取引をする際にはチャートを見ながら行うことが基本ですが、スマートフォンでは画面が小さくチャートが見にくかったりします。

指値注文やOCO注文など、基本的なツールは使えるので便利です。初めて利用するときでも、口座登録しておけば、クイック入金を行うこともできるので利用しやすいです。
スマートフォンはパソコンとは違い、外出先でも利用することができるので、いつでも取引を行うことができます。

しかし、電波の状況が悪かったりすると通信が安定しなかったりするので、外で利用する際にはその点に注意しましょう。

外為ジャパンアプリはiphone版とAndroid版で違いはある?

iphone版のアプリとAndroid版のアプリでは、基本的なことは同じですが、それぞれ操作性などに違いがあります。
そのため、チャートを確認出来て注文することができればいいのであれば、それほど悩む必要はありません。

チャートの見やすさや画面の見やすさが違うので、利用しているスマートフォンのOSのタイプによって選ぶのか、見やすさを重視して機種変更をするかよく考えて行うようにしましょう。

iphone版とAndroid版とありますが、通貨ペアやスプレッドはどちらも同じです。
機種が違うため勘違いしてしまうこともありますが、どちらも外為ジャパンが提供しているアプリであるので、通貨ペアやスプレッド、スワップポンとなども同じになります。そのため、安心して利用することができます。

iphoneやAndroidどちらも関係なく、スムーズに取引をしたいのであれば利用しているスマートフォンのスペックも重要です。
低スペックであれば当然動作もぎこちなくなったりするので、高スペックなものを利用するほうが安心できます。

チャートは一瞬で上下してしまうので、注意して取引をおこないましょう。

スワップポイント(金利差)は外為ジャパンでは毎営業日付与

外為ジャパンのスワップ

FXをするということは、やはり資産を増やすことが目的という人がほとんどでしょう。

FXで資産を増やすためには、大きく分けると2種類の方法があります。ひとつは一般的な為替レートの変動に合わせて外貨を売買する方法です。もっとも広く運用されているFXの方法ですが、ここで利益を上げるには毎日為替のレートを細かにチェックする必要があります。
仕事の片手間にFXを始めている人にとっては、これはなかなか難しいこととも言えます。

そこで、もう一つのスワップポイント獲得を狙ったトレードという方法があります。これは通貨ペアを利用した金利差で得る益のことです。
例えば、豪ドルは一般的には金利が高いとされている通貨です。現在は日本円は金利が低いため、豪ドルを買っておいて保有しているだけで金利差が入ってくることになるのです。これがスワップポイントと言います。
外為ジャパンではこのスワップポイントが毎営業日に口座に付与されるというメリットがあります。今現在の状況においては、日本円と金利の高い通貨ペアにしておくことで、より高いスワップポイントを貰うことが出来るのです。

外貨を動かす必要はなく、ただ保有しているだけで利益が上がるとしたら、これは嬉しいことと言えるでしょう。

外為ジャパンのスワップポイントは、取引によっては支払いが生じる場合もある

ただしFXというのは投資の一種です。いつも利益が出るわけではありません。リスクもあるという事は頭に入れておかなくてはなりません。

スワップポイントはずっとポジションを持ち続けることで得られるものです。つまりスワップポイントで利益を上げるためには、決済してはいけないという事です。

しかし保持しているだけでいつまでも利益が出るというわけでもありません。現在は日本円がとても金利が低くなっているために、高い金利の豪ドルなどを保有している場合は、毎日スワップポイントを貰うことが出来ます。しかしいつの日かこれが逆転し、日本円の方が金利が高くなる可能性もあります。そうなると、豪ドルを保有しているということで毎日スワップポイントを支払う義務が生じることになるのです。

通貨ペアというのは日々変動しています。緩やかに動くこともあれば、急激に円高に発展することもあるのです。1日で3年分のスワップポイントを失うといったこともあり得る話なのです。

そうしたリスクを回避するためにも、ドル円チャートなどは日々目を通し、為替の状況を気にかけておく必要があります。

スワップポイントは一見メリットの大きい取引に見えますが、そこにはリスクが潜んでいるという事を忘れてはいけません。