最低取引単位は1lot

外為ジャパンの評判、取引の仕組み

外為ジャパンでは最低取引単位が1lotとなっています。

1lotというのは1万通貨単位ということです。1lotがいくらなのかは、どの通貨ペアを選ぶのかによって異なります。現在は1ドルが110円くらいなので、1万通貨単位ですと110万円分くらいとなります。ユーロの場合ですと、現在1ユーロが130円くらいなので、約130万円となります。

外為ジャパンではレバレッジを最大で25倍にすることができます。
仮にレバレッジを10倍にしてドル円取引をはじめるなら、11万円があればはじめられます。

1lot単位というのは、あくまで取引の単位なので、出金は1円単位で可能です。外為ジャパンの出金は2,000円以上となっていますが、全額を出金する場合には2,000円未満でも可能です。

FXや先物取引では、最低取引単位というものがあり、これは業者によって異なっています。1lot単位での取引の場合、口座に最低でも5万円程度の証拠金を入れないと取引をはじめられません。
1,000通貨単位の取引が可能な業者なら、その10分の1程度のお金があれば取引を開始できます。

初心者の人には1,000通貨単位の取引ができる業者がおすすめされていることが多いです。

外為ジャパンのアプリはデモ取引もできるのか

外為ジャパンのアプリはデモトレードもできるようです。デモトレードができるFX業者はたくさんありますが、ツールの使いやすさなどは異なるので、実際にダウンロードをして使ってみるのが一番でしょう。
実際に注文を出してみて、使い勝手などを比較してみましょう。

デモトレードではスワップポイントの体験もできます。デモトレードではスワップポイントなどの設定が実際とは異なることもあるので、注意をしておきましょう。
デモトレードはあくまで練習用のツールなので、実際にトレードを開始するときには説明をよく読んでおくべきです。

FXで利益を出したら確定申告が必要になります。デモトレードではいくら利益をだしても税金はかかりません。実際のトレードでは税金が最大のコストとなるので、税金についても調べておきましょう。利益が1,000万円を超えたら法人を設立したほうが節税になるようです。

FX口座への入金は、金融機関口座への貯金とは異なります。トレードで失敗するとすべてを失う可能性もあります。基本的には反対売買を行わなければ損失は確定しませんが、ロスカットをしてしまうと強制的に反対売買が行われてしまいます。

リスクについても十分に理解をした上でトレードをはじめましょう。

アプリでデモ取引

初心者におすすめのFX会社と通貨ペア

証券会社は国内外に数多くありますので、どれを使えば良いのか迷ってしまいます。
そんなときには口座開設のしやすさやスプレッドなどを比較して選ぶと良いでしょう。

おすすめのFX会社をご紹介「FX@外為比較ランキング」

例えばインターネット上のやり取りだけで口座開設ができる証券会社を選ぶ、もしくはトレードのコストであるスプレッドは比較サイトなどでも比較しやすい情報ですので、少しでもコストが安い証券会社はおすすめです。

他にもおすすめのFX会社はキャッシュバックがある会社で口座開設をしたり、入金してトレードをすれば1万円や2万円程度のキャッシュバックがありますので、そのような会社は初心者におすすめです。

またデモトレードができる証券会社もおすすめのFX会社です。
デモトレードで練習をすれば一切の損失を出すことなく実際のトレードを体験することができますので、それで勝てるようになってから実際のお金を使うと良いでしょう。

では、利用するFX会社が決まったら通貨ペア選定ですが、初心者には日本人には馴染みのあるドル円がおすすめです。

もしくは世界で最も取引量の多いユーロドルの通貨ペアも流動性が高い為、値動きが分かりやすく初心者向きでしょう。